logo
ホーム > 取扱事件 > 交通事故

交通事故

「保険会社から示談に応じるように迫られていますが、金額に納得できない。」
 一般的に、弁護士に依頼することによって、裁判になった場合の基準に基づいて増額の交渉をすることができます。また、交通事故では事実関係についての争いがあったり、後遺障害の等級が実際よりも低く認定されているケースがあったりしますが、このような場合も、証拠の分析に基づく主張を組み立てたり、後遺障害等級についての異議申立を行なうなどして等級を上げることができる場合もあります。当事務所に依頼いただいたケースでも、後遺障害等級が上がったケースが多数あります。
「保険会社が治療費の一部を認めません。」
 交通事故による治療費については、事故と相当因果関係のあるものを損害として請求することができますが、この点について、保険会社と言い分が食い違うこともよくあります。そのような場合、カルテや検査結果の画像などのコピーを入手したり、場合によっては、主治医に意見書を書いてもらうなどして、必要な治療費として認めるよう主張することになります。当事務所では、専門知識をもった弁護士により、その援助が可能です。
「事故原因についての言い分に食い違いがある。」
 目撃者や客観的な証拠がない場合には、往々にして事故原因についての言い分に食い違いが生ずることがあります。このような場合、早い段階で現場の状況を記録したり、目撃者を捜すなど証拠を収集・保存することが必要です。弁護士に依頼することにより、その援助が可能になります。

※ 弁護士費用特約が使えます

 自動車保険に弁護士費用特約があれば、弁護士報酬や諸費用が保険で賄われます。
 法律相談も自己負担なく受けていただけますので、保険証券をご確認のうえ、相談の際にご持参ください。

→取扱事件に戻る

大阪事務所

06-6316-8040

堺事務所

072-222-3120

インターネットでのご予約